忍者ブログ
Copyright © 2007 Daisuke Noda. All Rights Reserved.
Profile
Daisuke

Author : Daisuke Noda
Gender : male
Blood type : A
Birthday : 5.17

Guitarist,Vocalist,Composer,Arrenger
ギターボーカルを務める
3ピースの新ロックバンドVactis始動

Main Gear

Guitar
Fender Custom Shop Master Built series 1950 Stratocaster NOS Built
by Jason Davis
Scheter SD-II

Amplifier
Marshall 1959SLP 100W
Fender'59BASSMAN 50W

Pedal
sobbat DRIVE Breaker II
Ibanez TS9DX
JimDunlop crybaby535Q
Line6 DL4
MXR phase90
BOSS TU-2

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Linx
Vactis
   Ba.Nacho's Blog
デジタルナッチョの気まぐれ日記
 Dr.Kuni's Blog
ヤネウラベヤ

FRIENDS
 センスの光るプレイのギター仲間 喫茶つばさん
 ハイトーンボーカルAkky@Yukky On time, Off time -in my life-
 美人教師ギタリストKEI先生
いつでもぎずも

Gear
Amplifier

「Marshall 1959SLP」
ベルベットトーンと呼ばれる程の艶やかな歪み且つ、キレのよいサウンドを持つ100Wチューブアンプ。基本はリンクしてこれにアンプ直。マスターボリューム増設改造済み。

「Fender USA 59'Bassman LTD」
太く艶やかでヌケの良いサウンドのチューブアンプ。弾き手の力量によって様々なトーンを生み出す。

「Fender USA Blues Junior」
15Wとは思えないパワーを持った万能チューブアンプ。主に自宅用に使用だが、自宅のみならず、小規模のLIVEやRecordingにも活躍。ニュアンスが出やすいので練習用に最適。

Pedal


Overdrive 「sobbat DB-2」
キレのある歪みを作り出す長年使用している相棒。主にディストーション&ブースターとして兼用で使用。大抵Live&Recordingでの足元はこれ一台で済む。

OverDrive 「Ibanez TS9DX」
まろやかなOverDriveらしいOverDriveから現代的な極太歪みまで幅広く使える。主にクリーンや軽めのクランチが欲しい時にそのサウンドをアンプで作りsobbat DB2を歪みのみに使用し、本機をブースターとして使用。

Wah「JimDunlop crybaby 535Q」
周波数帯調整機能付の多彩なワウペダル。一台で様々なシーンに対応できる。

Etc.


MTR「BOSS micro BR」
その機動性、機能性から様々な用途に使える小型デジタルレコーダー。MTRとして録音からMixまで一台で充分使えるし、PCとの連携も。思いついたアイデアを即録音、インナーイヤホンでLiveリハの爆音中にギターウォーミングアップなんて事も。

Audio Interface「EDIROL UA-25」
コンパクトな24bit/96kHz対応の高音質USBオーディオ/MIDIインターフェース。扱いやすく屋外での録音にも活躍。1,2ch程度の録音ならこれ。音質も申し分ない。PCでのレコーディングに使用。
[25] [24] [23] [22] [21] [20] [19] [18] [17] [16] [15]
04/30 [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

大阪遠征無事終了。
前の日記を編集しようかと思っていたけど、
分かりにくくなりそうだからやっぱり新規で。

ということでまずは1日目、12日金曜日の話。 





前日23:15品川に集合し、素敵な夜行バスに乗り込み、
24:00に出発。
いちおー荷物はトランクに入れられたんだけど、
衝撃、温度湿度の変化が心配だった為、ギターもそのまま持込。

その為か座席が
せまい


窮屈で足腰首肩こったなぁ。
特に椅子が硬くて臀部が一番痛かった。
一応電灯はすぐ消され真っ暗になるんだけど、
ちょこちょこSAに止まって明かりが付き、
アナウンスが流れ、
おまけに揺れも結構ひどく、
なかなか熟睡できない7時間半だった。

途中一回だけSA降りたけど眼鏡をバス内に忘れ、
何も見えず伸びだけして帰ってきたのは内緒。

そんなこんなで熟睡できないまでも、
多少の睡眠はとりつつAM7:30前には、
隣接する大阪駅&梅田駅に到着。





そんで皆空腹だし朝飯どこで食べようかなんて話してたんだけど、時間が時間だけにまだ店もあまり開いていない。

なのでRUIDOのある心斎橋に先に移動して
そこで探そうという事になり地下鉄梅田駅の改札を通る。。。

しかし、、、

なんだこの混み様は

とてもじゃないが楽器を持って乗り込めるような雰囲気じゃない。駅員が乗客をモノの様に押し込んでいる。

ヒトがまるでゴミのようだ!

という事で一度改札抜けたものの、
駅員に切符を払い戻してもらい外へ。

タクシーしかないかなぁ、なんて歩いているとバス発見。
バスは結構空いていて快適に無事心斎橋へ。

しかしまたもや問題が、
未だに朝早い為&商店街だからか、
大阪らしい空いてる店が見つからない。
でも空腹に耐えられなくなってきたので、
敢え無く空いてる店へ突入。
その先は、

ロッテリア

うん、東京でいつでも食えるね。
まぁ腹が減ったので仕方ない。

その後ホテルに電話すると、まだ時間には早いが
入れてくれるみたいなのでチェックインして荷物を置く。
メンバー6人+スタッフ1人の計7人なので
4人部屋と3人部屋となったわけだけど、
まぁ3人部屋は普通かな。
普通のツインの部屋に無理やりベッド一つ押し込んだ感じ。
でも4人部屋が良かった
部屋も広く寛げるスペースもあって、
まるで修学旅行のような懐かしい雰囲気。
部屋での打ち上げを期待しながら、
楽器隊は地元スタジオにてウォーミングアップ。

そして、、、


長いので続きは右下のボタンをポチっと

いざ心斎橋RUIDOへ。





駅から近くてすぐに見つかった。
そして中へ。





ここは入り口から入ってまず辿り着くBAR
広めで洒落た雰囲気でいい感じ。
ここでモニターとスピーカーでB2のライブホールの映像が、
見れるようになっている。
サッカーバー、スポーツバーなんかに近い印象だった。
そしてB2はライブフロアへ。





新しく出来たとあって、モニターがたくさんついてて、
すっきりとした印象。
何よりも照明が素晴らしかった。
今まで数々のライブハウスに出演してきたけど、
見たことの無いような縦の棒状のライトや、
こんな感じの





ステージ一番手前側の、
足元から照らすライトなんかもあったりで、
まるで音楽番組のスタジオのような印象だった。

そして無事リハーサルも終了し本番まで時間があったので、
朝の無念を晴らす為にも粉物を!
という事で飯処を探すものの、、、

心斎橋という場所柄か、探せてないだけなのか、
街の雰囲気も東京と変わらず、なかなか見つからない。

んで結局朝と同様空腹に耐えかねて結局





五右衛門でパスタ


うん、東京でいつでも食えるね。
まぁ腹が減ったので仕方ない。

あれ、dejavu。

そして外へ出て一時ホテルへ戻りライブの準備。
本番も近くなってきたのでRUIDOに向かう途中、
昼間に通りかかったこの店。





ここで折角の大阪なので
名物チーズたこせんをGET





なんと150円。
見た目の割りに美味かった。
これによってようやく大阪を実感しつつ、いざLIVEへ!

大阪へ来る前ドラムのクニタケなんかは、

「ぜってー大阪のライブハウスこえーって!
ぶんなぐられるって!」

なんて不良漫画の読みすぎな台詞を吐いてたけど、
(彼はそっち系の漫画が大好き)

RUIDOのスタッフも、他の出演者も、
そして見に来てくれた人達も皆気さくで
暖かく迎えてくれて、
一体感を感じれるいいイベントだった。

俺の関西方面の友人も数人来てくれた。
THANX!

無事に年内最後のライブを終え、
近くのホテルへ戻り、広々とした4人部屋に全員集まって、
夜中まで打ち上げが行われるのであった。

負けたらイッキの大貧民はかなり熱かった!

そして皆の眠気も最高潮に達し、疲れもあってか泥のように眠るのであった。。。


***************
おまけ



リハーサル待ちの俺のサングラスを付けたヒナと
クニタケのサングラスを付けたヒロム






五右衛門にて。
メンバー皆で携帯のカメラを使ってこんな事ばっかして遊んでた。

***************

そして2日目へ続く。。。
PR
comment
name
title
font color
mail
URL
comment
pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
うおーーっ、お疲れ!!!
いいねぇ、ふいんき(なぜか変換できない)が良く伝わってくるよ!!

続きレポ楽しみにしてるぜv
Tsubasa URL 2007/12/18(Tue)23:22:17 編集
早速
続きUPしたぜ!
Daisuke URL 2007/12/19(Wed)03:01:58 編集
track back
この記事にトラックバックする:
<< PREV HOME NEXT >>
Next Live

coming soon...

チケットご希望の方はContactまで、件名『チケット注文』でお願いします。

Briking 1st Maxi CD
"アロエ"
レーベル:LOVE SNYPER
2007.10.31 release ¥1,050
    1.アロエ
    2.nuku × mori
    3.Wonderful Days
  〜君が僕にくれたもの〜

会場及びタワーレコード等、CDショップにて販売中。 通信販売ご希望の方はContactまで、件名『CD注文』でお願いします。

Search this BLOG
Comments
[03/09 Akky@Yukky]
[05/31 daisuke]
[05/27 Akky@Yukky]
[10/20 Daisuke]
[10/19 ぎずも]
TB
QR
Contact
依頼や仕事に関するお問い合わせ、
CDやライブチケット等の質問や購入、 ご意見ご感想等はこちらへ。
[PR]

忍者ブログ