忍者ブログ
Copyright © 2007 Daisuke Noda. All Rights Reserved.
Profile
Daisuke

Author : Daisuke Noda
Gender : male
Blood type : A
Birthday : 5.17

Guitarist,Vocalist,Composer,Arrenger
ギターボーカルを務める
3ピースの新ロックバンドVactis始動

Main Gear

Guitar
Fender Custom Shop Master Built series 1950 Stratocaster NOS Built
by Jason Davis
Scheter SD-II

Amplifier
Marshall 1959SLP 100W
Fender'59BASSMAN 50W

Pedal
sobbat DRIVE Breaker II
Ibanez TS9DX
JimDunlop crybaby535Q
Line6 DL4
MXR phase90
BOSS TU-2

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Linx
Vactis
   Ba.Nacho's Blog
デジタルナッチョの気まぐれ日記
 Dr.Kuni's Blog
ヤネウラベヤ

FRIENDS
 センスの光るプレイのギター仲間 喫茶つばさん
 ハイトーンボーカルAkky@Yukky On time, Off time -in my life-
 美人教師ギタリストKEI先生
いつでもぎずも

Gear
Amplifier

「Marshall 1959SLP」
ベルベットトーンと呼ばれる程の艶やかな歪み且つ、キレのよいサウンドを持つ100Wチューブアンプ。基本はリンクしてこれにアンプ直。マスターボリューム増設改造済み。

「Fender USA 59'Bassman LTD」
太く艶やかでヌケの良いサウンドのチューブアンプ。弾き手の力量によって様々なトーンを生み出す。

「Fender USA Blues Junior」
15Wとは思えないパワーを持った万能チューブアンプ。主に自宅用に使用だが、自宅のみならず、小規模のLIVEやRecordingにも活躍。ニュアンスが出やすいので練習用に最適。

Pedal


Overdrive 「sobbat DB-2」
キレのある歪みを作り出す長年使用している相棒。主にディストーション&ブースターとして兼用で使用。大抵Live&Recordingでの足元はこれ一台で済む。

OverDrive 「Ibanez TS9DX」
まろやかなOverDriveらしいOverDriveから現代的な極太歪みまで幅広く使える。主にクリーンや軽めのクランチが欲しい時にそのサウンドをアンプで作りsobbat DB2を歪みのみに使用し、本機をブースターとして使用。

Wah「JimDunlop crybaby 535Q」
周波数帯調整機能付の多彩なワウペダル。一台で様々なシーンに対応できる。

Etc.


MTR「BOSS micro BR」
その機動性、機能性から様々な用途に使える小型デジタルレコーダー。MTRとして録音からMixまで一台で充分使えるし、PCとの連携も。思いついたアイデアを即録音、インナーイヤホンでLiveリハの爆音中にギターウォーミングアップなんて事も。

Audio Interface「EDIROL UA-25」
コンパクトな24bit/96kHz対応の高音質USBオーディオ/MIDIインターフェース。扱いやすく屋外での録音にも活躍。1,2ch程度の録音ならこれ。音質も申し分ない。PCでのレコーディングに使用。
12/19 [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 最近笑ってますか?




これ、ずっと前から知ってる動画なんだけど、
たまーに見るとまた笑ってしまう。

3番目のにょにょにょと最後のひゃっはーは卑怯だと思う。

PR
08/22 A.K.S.
このBLOGの一番上の写真でも着ているこのシャツ。



いつか、ライブの日に本番前の空いた時間に、
古着屋で時間をつぶしていて見つけ、すごく気に入り、
そのままその日のライブに着て出演したものなんだけど、
長い事、この柄何か見覚えあるなぁ。
なんて思っていた。


それをこの間気づいたんだよね。

正体はこれだったんだ。



そう、昔からの好物



味付け昆布



たまたま物凄く久々に食べてピンときた。


そんなA.K.S(Ajitsuke Konbu Shirt)

今後も頻繁に登場するだろう。
何かを捨てる事なんだ。

ってのを再確認した。

そんな一日。


人生はまだまだ俺を飽きさせないでいてくれるみたいだ。
01/17 初雪
昨日、出先からの帰路の中。
夜中だったので空を見上げてみた。

この寒い時期の夜空は、空気が透明になってるから、
冬の大三角形やらオリオン座やら、
星空が割と綺麗に見えることが多い。

でもこの日は全く見えず。
天気悪いのかな、なんて暫く歩いていた。

すると冷たい柔らかさを感じる。
も一度空を見上げるとみぞれには近いものの、
初雪が舞い降りていた。

どうりで寒いわけだ。
と頭の中では思っているのに、
足を止めて暫く空を見上げてしまったよ。

星空の変わりに、
雪が星のように夜空に溶け込み、輝いていた。
もう1月も半分経過。
年始からいろいろ予定も詰まっていたので早い早い。
この調子で、いや今以上に動いて行かねば。
昨日の日記で狙っている機種がある人はお早めに。
と言いながら自分の機種を明かさなかったのにはわけがある。

それは今日、、というかもう昨日か。
つい先程までBRIKINGのリハーサルがあった。
それまでメンバーに見せていなかったから、
まだ隠しとこーと思って。
そんな茶目っ気。

ちょっとしたサプライズ。
まだまだやんちゃで大人にはなれないようだ。
基本ヒトの感情を動かしたり、動いてるところを見るのが好きなんだよな。

楽しくて笑ったり、嬉しくて喜んだり、
驚いたり、泣いたり、怒ったり、嫉んだり、くやしがったり。
そんな感情の動きを見て、感じとるのが。
うん、後のほう段々タチ悪いね。
でもそうなんだ。
映画等のストーリー物見たりするのが好きなのもそれを欲してるからだろう。
音楽聴いたりするのもその一種かもしれない。

そして見るよりも自分で相手の感情を動かす事。
その感情のベクトル如何を問わず、揺さぶるのが好きだったり、楽しかったり。

あんまり自身の感情の起伏が無いからかな。
他人に求めてるのかも。


音楽やってるルーツもきっとここなんだろうなぁ。


自分の歌を聞いて、作った曲を聞いて、
涙を流して感激してくれた。

そんな経験が何度かあるけど、
涙の内容問わず、
それが音楽やってた中では一番嬉しいかな。

(もちろん自分が自分で演奏する事自体を楽しむっていう自己満足とは別の次元の話でね。こっちはこっちで外せない醍醐味。)

無論、他にも反応で嬉しいもの数あれど、
聞くヒトがいて、その反応で一番嬉しいのは何か。
っていうとそれかな。

それはそれだけの大きな感情の動きがあったっていうのと
上辺だけじゃないホントの言葉だって確信出来るからかもしれない。

Next Live

coming soon...

チケットご希望の方はContactまで、件名『チケット注文』でお願いします。

Briking 1st Maxi CD
"アロエ"
レーベル:LOVE SNYPER
2007.10.31 release ¥1,050
    1.アロエ
    2.nuku × mori
    3.Wonderful Days
  〜君が僕にくれたもの〜

会場及びタワーレコード等、CDショップにて販売中。 通信販売ご希望の方はContactまで、件名『CD注文』でお願いします。

Search this BLOG
Comments
[03/09 Akky@Yukky]
[05/31 daisuke]
[05/27 Akky@Yukky]
[10/20 Daisuke]
[10/19 ぎずも]
TB
QR
Contact
依頼や仕事に関するお問い合わせ、
CDやライブチケット等の質問や購入、 ご意見ご感想等はこちらへ。
[PR]

忍者ブログ